高性能窓が半額以下!?【窓リノベ補助金】について

「冬のリビングとほかの部屋との温度差が大きい」
「冬は窓が結露でびしょびしょ」
「夏は夏で、窓から差し込む日差しが強くて暑い」
「冷暖房をつけっぱなしで光熱費が高い」

そんな悩みはありませんか?
実は、窓の性能を上げることで大きく改善されることが期待できます。

住宅で、熱が行き来するのは、壁や天井よりも、圧倒的に「窓やドアなどの開口部」

全体の約70%の熱は、「窓やドアなどの開口部」から出入りします。

今の窓が、昔ながらの「一枚ガラス」、「アルミサッシ」であれば、
最近は主流になった「複層ガラス」、「樹脂を取り入れたサッシ」に交換することで、開口部から出入りする熱を、グッと抑えることができ、「冬はあたたか」「夏は涼しい」を実現できます。

そんな窓交換や内窓設置。今なら環境省の補助金を申請することで、場合によっては半額以下で実施できるチャンスです!

(費用・補助金は窓の大きさや現状の納まり、選ぶ窓のグレードによって決まります。)

窓交換・内窓設置(補助金利用)のメリット

▶断熱性能を各段に高めて、「冬はあたたか」「夏は涼しく」

▶冷暖房の使用量を抑えて、中長期的に光熱費を抑えられる

▶補助金を利用すれば、「びっくりするほど」安く工事できる

※同じ部屋のなかで、一部の窓のみ高断熱のものにすると、冷気の集まりが偏り、結露が起こる可能性があります。
※建物の状況により、できる施工方法(内窓設置が可能か、交換のみか)や費用が異なります。

窓交換・内窓設置工事及び補助金の費用感

〇内窓設置工事 一般的な「中連窓」の場合 (※目安の一例です。)

  窓代金    約70,000円(定価より割引)
           ※LOW-E、複層ガラス、断熱効果を高めるガス入り、樹脂サッシ
  工賃      10,000円
  代金合計    80,000円

  ▲補助金額   46,000円(窓リノベ2024・内窓設置・中サイズ・性能区分S)

  実負担額 34,000円(約38%お得)

〇窓交換 一般的な「中連窓」の場合 (※目安の一例です。)

  窓代金   約80,000円(網戸含む、定価より割引)
          ※LOW-E、ペアガラス、樹脂スペーサー
  工賃     30,000円
  代金合計   110,000円

  ▲補助金額  69,000円(窓リノベ2024・外窓交換・中サイズ・性能区分A )

   実負担額 41,000円(約63%お得)

実例:20ヶ所も内窓設置工事を行って、負担額60%OFFという例もありました。(窓リノベ2023の場合)

窓リノベ補助金の公式サイトはこちら
 ▶https://window-renovation2024.env.go.jp/

窓設置・交換の事例

まずは電話で相談!

受付:10:00〜18:00(水曜定休)

気軽にLINEで相談!

24時間いつでもご相談できます
LINEで相談する

まずは電話で相談!

受付:10:00〜18:00(水曜定休)

気軽にLINEで相談!

24時間いつでもご相談できます
LINEで相談